弔辞

社葬(役員代表)の例

ここに、○○専務の御逝去に際し、役員職を代表して、お別れの言葉を捧げます。
思い起こす時、昭和○○年、○○株式会社設立以来○○余年の長きにわたり私達を御指導頂きました○○専務、今こつ然として帰らぬ永遠の旅にたたれたことは、ただ、驚きと悲しみで胸が一杯であり、その限りを知らぬありさまです。
常日頃から、当社の発展と時流への対応に心を砕かれ、未熟な私どもの先頭に立って指導してくださった専務、しかしなぜに、○○歳の若さで、旅路を急がれたのか、かえすがえすも残念でなりません。
ここに深甚なる敬意と感謝を捧げるものであります。
専務亡きあとは、私達、役員職一同、一致団結して、その意思を受け継ぎ、忠実に遂行し、社業の発展隆昌に努力まい進する決意であることを、ここにかたくお誓いするものであります。
今は遠き人となられた専務はいつまでも私達の胸中に生き続けることでしょう。
どうぞ心安らかにお眠りください。願わくは昇天の御霊、いつまでも当社をお守りください。
さようなら。
平成○○年○○月○○日 ○○株式会社 役職員代表